痛くない内視鏡検査

  1. Reason.1
    FUJION社製の超細径最新内視鏡を使用で痛くない
  2. Reason.2
    痛みが極力感じないように喉や鼻に部分麻酔を使用
  3. Reason.3
    5,000人の検査で培われた痛くない検査手技法の確立

内視鏡検査を受けられる患者さんの負担を少しでも軽くしたい。
そんな思いから当院では痛くない最新の内視鏡を導入いたしました。
当院では最新の機器を取り入れることで患者さんにとって「安心・安全」な検査を目指し、痛くない、苦しくない内視鏡検査を行っております。

胃腸科では、胃と腸はもちろんのこと、消化管や消化腺、肝臓など消化器官に生じる疾患を診察・治療を行います。
胃内視鏡検査(胃カメラ)、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、超音波検査(エコー)等を使って胃がんや大腸がん、胃・十二指腸潰瘍、肝疾患(肝がん、肝硬変)等の診断を正確に行っています。
当院では、特に「痛くない内視鏡検査」に力を入れており、最新の機器で「安心・安全」な検査を目指しております。
その他胃痛・腹痛、胃もたれ、胸やけ、むかつき、便秘・下痢、腹部膨満感、血便、食欲低下、体重減少など消化器症状のある方はご相談ください。
大腸内視鏡検査は、腸管洗浄薬(腸をきれいにする薬)を服用し、腸内をきれいにした後、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察し、大腸癌・大腸ポリープ・炎症性疾患などの病気を見つけ、診断します。
最新のハイビジョン内視鏡を使用して、食道から胃・十二指腸まで詳しく観察できます。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍・炎症性病変や腫瘍性病変(食道癌・胃癌・ポリープ等)の有無を調べます。
また内視鏡によって早期胃癌・ポリープなどの小さい病変は切除が可能です。